読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

isigumakatasou's blog

過去を、振り返り大いに後悔します、夢は有りません、ただ目標に向かい計画を立て実行するのみ、なんてね。

石熊硬想 ニョッキ

先進工業諸国では、浪費を美徳として、物質的快適さと「ゆたかさ」を貪欲なまでに追求していきます。地球環境に大きなストレスを与え、地球温暖化をはじめとして深刻な問題をひきおこしていることに対してほとんど反省らしい反省をしてないようにみえます。

他方、発展途上諸国ではいぜんとして貧困が支配し、経済発展の見通しもたてられないというのが一般的な状況です。人々は生存し続けるために、どうしても、自然を破壊し、環境を汚染せざるをえないような苦境においやられているのです。

「ゆたかな」国々ではすでに、地球環境のキャパシティを超えて、生産と消費とがおこなわれている反面、「貧しい」国々では、昔のように自然と共生しながら生きていくことができなくなってしまっています。そして、「ゆたかな」国々も、「貧しい」国々も一緒になって、地球環境をはかいし、将来の世代に対して取り返しのつかないような被害を与えているのです。(宇沢弘文、矛盾にみちた現代文明より)

 

ボロ家故コタツだけでは寒すぎる、ダウンの上にフリースを着て灯油を買いに行こうと思う(日中は窓開ける位暑いのに、夜は0℃位まで下がる)

 

ここでも化石燃料大量消費し地球温暖化に手を貸す石熊であった、思いと裏腹。

栗の木の股に八手がニョッキと生えてた

鳥の仕業か天狗か

片付けはこれから

洗濯物外に干しても凍ることは無い

布団も干せる、ありがたいと思う。

おやすみなさい