読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

isigumakatasou's blog

過去を、振り返り大いに後悔します、夢は有りません、ただ目標に向かい計画を立て実行するのみ、なんてね。

石熊硬想 雲海 泳ぐ熊

 

金曜日仕事して、明日天気が悪い、それじゃ小屋の草刈り行くベー

土曜の成田行き予約しようとしたら、高っかー、それじゃー、一番安いスカイで茨城へ、良いわ茨城、飛行機、空港のカウンターの前まで(んな訳ねーナ)降りて徒歩50歩そんな感じ、そして茨城空港の会員になれば(名前書くだけ)利用者には3000円の金券(空港内でお土産や、レストランで使える)を貰える、そして空港利用者は500円で東京行きのバスに乗れ、タクシーは2000円で茨城市内何処でも行ってくれる(乗合原則だが一人の場合いもOK)※全て利用の前に確認を。

 

日曜日草刈り終わって成田からバニラで帰ったが、第三ターミナル死ぬかと思った、第二ターミナルから歩くこと700mチェックインして待合室まで200m機内まで100m以上なんと1km以上小走り、もうヘトヘト、これを思うと茨城空港天国です、二階のレストラン3000円金券で大盛り上がり、石熊は帰りの土産に変わったが、必死で会員募集のお姉さん方の姿に、つい誘いに乗ってしまったそして、24時間国際空港化検討しても良いのでわと、綺麗な物だいすきで乗りに乗ってしまう石熊だった。

一泊二日の今回も強行スケジュール、帰り成田駅で配ってた試食用ドーナッツ1ッ個

千歳から電車、地下鉄降りて家まで歩こうとしたが、腹が減って足が動かない、体がダブルチーズバーガーの方に寄って行ってた、直ぐそこに家は有るのに、杉子の手料理が頂けるのに、チョット、悪いなーと思いながら、歩きながらそれを食べ終わる頃家に着いた、風呂に入っているうちに杉子がご飯作っていてくれた、札幌名物マルちゃん屋台十八番という麺類だった、そして今日も一生懸命働いた

土曜の夜は隣の奥さんがトマトスープとメロンの漬物、茄子の素揚げ、その他差し入れてくれた、隣の奥さんは料理上手だからと杉子は言っていた、納得。

 

くず野郎が玄関から侵入しそうな勢いだった、退治してやった

小屋は、お帰りとニッヤとしながら言った、そんな気がした

多分時間が無いから楽しいのだ、楽しいからいろんなことがしたくなる

だからいろんな工夫をして時間を作るんだ、楽しむために

おやすみなさい