読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

isigumakatasou's blog

過去を、振り返り大いに後悔します、夢は有りません、ただ目標に向かい計画を立て実行するのみ、なんてね。

石熊硬想 盆

手の甲を蜂に刺された

ズキンと鋭い痛さが脳天に走った

手袋を脱ぐと刺された所から血が出てた、

その周りを思いっきり指で押して毒を絞り出した

針が残っているかは分からないが取り合えずやれることはした

3年ぐらい前刺されて15分ぐらい経ってショック症状が出ないと大丈夫と言われたが

翌日の朝目が覚めると左手の甲刺されたのが肩まで相撲取りの腕の様に腫れあがって

救急病院へ行ったらもう少しで心臓なので危なかったですねと言われた

一日注射や点滴などでなんとか成ったが、今回も同じ所を刺されたのであの時の事が頭を過った、

しかし仕事を抜けて病院に行くことは時間的に無理なので手が痛くなるぐらい刺されたヵ所を押し毒を出した(つもりです)そして飲み物を冷やすためにクラ―ボックスに入れてた保冷材で冷やし、手首で縛って仕事をした

馬鹿のやる事です絶対に真似しないでくださいね、死にます、本当に、直ぐに病院に行きましょう

腫れは手だけで済んで今日は腫れも大分退いてきた

 

 

 

 

 

一週間ほど前、杉子を美容院に置いてきた何時ものように終わったら迎えに行くこれがこの美容院が出来てからの石熊の仕事、月一回、石熊家は皆行ってる、石熊は行かない波平頭だから、迎えに行くと店長は何時も外へ出て来てありがとうございましたと挨拶をする、杉子は10年も通っているので店長の生い立ちや腕前をよく石熊に話す、だから直接店長とは話をしたことは無いが何となく近しく思っていた、勿論、自営の職人と成ると応援をする、杉子もお茶や花を事が有るごとに持っていってた、

石熊のフェイスブックの身内以外のただ一人の友達でも有る

10周年記念でシャンプーやらなんやら貰って来たと言ってたのでそれなら花でも持っていかないとそんな話をしていた

でももう、花を渡す事も、応援する事も、出来なくなった

 寂しい..........

 

 

 

 

 

石熊のメロンも杉子の化粧品も苫小牧に着く予定だったが

函館港に行き今は室蘭港らしい

 

おやすみなさい