読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

isigumakatasou's blog

過去を、振り返り大いに後悔します、夢は有りません、ただ目標に向かい計画を立て実行するのみ、なんてね。

熊爺 お疲れさん

ここ三日ぐらい暑かった

と言っても27度ぐらい

でもその前日までは朝晩はこたつ入れてた

なので余計暑く感じる

 

土系で外系の仕事なので太陽からは逃れられない

そこで

guで買った帽子の中にクールジェルを仕込み

新発売時には買えなかった例の下着を

熊爺の衣装ストッカーから出す

ナナカが季節外れか前年の物を

熊爺の色の好み(無視)で大人買いしてくれたもの

f:id:isigumakatasou:20160701035044p:plain

こんな色は絶対売れないとかジジ臭っせーとか言いながら買う

どうせ見えないんだから

見える上着もどうせジジーなんだからと言われながら

 

 

全ての物が進化しているそれは身をもって感じる

しかし熊爺の本体は最早進化の過程には無い

残念ながら

 

大量に掻いた汗と太陽から逃れるために

昼はいつものようにエアコンの利いたファミレスに飛び込む

混む前にちょっと早めに暑い暑いと言いながら

その声を聞いた店員さんは大体温度を下げてくれるから

 

ちょっと早めに入ったとしても

すぐに席に通されることは少ない

人手不足とおばちゃん達のランチの陣取りで

昼はサラリーマンに席を譲れと

心の中で叫びながら

 

暑さで頭がクラクラシテいるのに

おばちゃんたちの楽しい会話でグワングァンする

ドリンクバーが有料でガックリコンする

 

みんな暑いからエアコン利いたところで

ランチしたいのは一緒だねーと

訳の分からないホローをする

誰を怖がっとるんじゃ、鬼より怖いおばさんか

、、、、その通りです

 

いつもの様に大盛ライスランチ

一応着替えては入店するのですが

熊臭がしたらごめんなさい

(お前が一番迷惑なんじゃい、すまんのー)

f:id:isigumakatasou:20160701043441p:plain

 

 

テレビでやってた手の甲をつねって直ぐに元に戻らなかったら脱水症状と

戻りが悪かった

朝晩が寒いなーと思いながら窓を閉めて寝た

寝苦しかった

 

寝てたら夢に、死んだ母親が現れた

そっちを向こうとしたが体がいうことを利かない

ただ手が動いたから母親の手に触った

そしたらすべすべだった、カタツムリクリームを使ってるなと思った

ガサガサでごつい手しか知らなかったから

 

その後誰かが訪ねてきたみたいだ

それに答えようとしたが声が出ない

こんな夜中に来るのだから急用だろうと

何とか声を出そうと

全身に力を込めて「おーい

と、叫んだそこで目が覚めた

またやっちまったと、ナナカの寝室に覗きに行くと

いなかった、ふろに入ってた

 

ほっとして、水を飲み水分補給し

窓を開け換気と冷気を取り込み

頭を冷やし、

請求書とブログ更新に時間を使うことにした

朝三時半。