読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

isigumakatasou's blog

過去を、振り返り大いに後悔します、夢は有りません、ただ目標に向かい計画を立て実行するのみ、なんてね。

熊爺 安否

弟と連絡が取れないと言われた

四国のマンションに居るが病気で旅行などには行くことがない

いえ電と携帯に電話しても出ない

誰かを安否確認に行かせようと思う、そう言われた

80歳を超えてる

兄は自分でも色々思いつくことはやってみたが、

連絡はつかなかった

心配そうな顔は20年前には想像できなかった

 

f:id:isigumakatasou:20161020173937p:plain

全国に何百棟も有る聞きなれたそのマンション名の管理会社に電話するも

直轄管理ではなく、マンション自体で管理を委託しているらしく連絡先は分からない

ホームページなど探したが管理室の電話は分からなかった

 

兄の不安な顔を見ていると早くしなければそう思い、最後の手段をつかうことにした

四国の警察に事情を話し安否確認をお願いした

小一時間位して警察から電話が有り弟が元気なのが確認された

「お前何やってんだ」これが電話に出た弟への第一声

大きな声だったが震えていた

 

 

かなり前、10年近くになるだろうか

誕生日のお祝いに弟が車買ってくれたと言って見せてくれた

でかい国産乗用車だったが嬉しそうだった

 

f:id:isigumakatasou:20161020181604p:plain

5年もすれば、あられこぼしにコケも付く

 

携帯電話が故障して連絡先は全てその中

置き電話には一切出ない(オレオレ詐欺や、セールス勧誘対策?)

恐いのはこの次同じことが起こったとき、何時ものことと、安否確認をしなくなるのではと心配しています、どちらも頑固者なので。

 

子育てや仕事の関係で、その環境の整ったところ以外は

マンションといえども自然に老人ホーム化していくという

介護施設もヘルパーも介護予算も尽きた今、そこがホーム、文字通り

 

ウェアラブル端末を付け、血圧脈拍など全て管理、病気や事故の時の処置方法はネットで指示

勿論薬や処置器具はアマゾンで会員はドローンでポイントも付きます

余計なこと考えた

 

 

喉に違和感があるとナナカに行ったら

そりゃ大変と病院に連れていかれた

何日か屋根に上りペンキを塗ったと医者に伝えたら

ペンキの影響は屋外の場合は考えにくい、炎症はあるが風邪の症状ですねと言われた

これぐらいで来たのかと思われたくないので、耳も痛いと言ったら

中を見て綿棒などでいじくりすぎの炎症と笑われた

驚いたのは、喉の奥は麻酔の液をたらし鼻からカメラを入れて見てた

舌をヘラで抑えられゲーゲーする予想だったので

驚いたほんとに、進歩してる

ナナカに付き添ってもらった、、、、、、

 

 

外は雪が降っている

雪虫の姿が見えてたなー大口開けて笑えないなと思ってたら

本物の雪、大口開けて笑ったら扁桃腺やられるな、気を付けなくては

 

小屋の隣の奥さんから明日、稲垣純一のコンサートでジャンプするとライン来た

中野サンプラザ地震起こさないでくれと、お願いした

体調は優れなくても気分は何時も全快な奥さん

ご主人は赤いコキアの撮影で別行動らしい

いい写真が撮れるねきっと。

 

f:id:isigumakatasou:20161020203050p:plain

うっすら積もった、では。