読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

isigumakatasou's blog

過去を、振り返り大いに後悔します、夢は有りません、ただ目標に向かい計画を立て実行するのみ、なんてね。

熊鍋 防寒

今日のお仕事

f:id:isigumakatasou:20170110053015j:plain

貰った帽子、リボンが金色ひらひらだったので、ボロボロになった麦わらから外してグルーガンで接着、前のスティック材の痕が残ってるが勘弁してください

これ被ったとしても彼奴みたいにはならないぞ、あっそう!

 

初公開帽子コーナー

(誰も見たく無いわい、加齢臭ぷんぷんやんけ)

f:id:isigumakatasou:20170110053800j:plain

ニットは10個位は有るが仕事や除雪で使う、それ以外はこいつらにお世話になる

一番高いのは2000円のディッキーズのキャップ、ベージュと紺のフェルトは1個500円バーゲンです、これは暖かい、被ったままラーメン食べると大変なことに成る、帽子の中が洪水に成る汗でね、どうしても、被ったままラーメンを食べたい汗かきの人は帽子の中に孫のおしめを入れておいた方がいい(出来るかいそんな事)

熊はそんな時店のティッシュを帽子の中に入れておく、被らないと流れる汗を拭くのに忙しい、帽子を脱いでタオル乗っけて食べようとしたら銭湯じゃあるまいし辞めてくれと誰かに言われた、

夏用も結構ある、日差しと汗で直ぐ色が変わる、馴染んだ頃には捨てろと言われる、夏用はGUなのだが毎年微妙に形が違う、だからなかなか捨てられない

メッシュで真夏にはその中に保冷材を入れ使用する、波平頭には必需品なのだ。

 

とりあえず今日は、火曜市で5%OFFこれ連れて行かされます

その後、雪と戦います、

この帽子被ってる熊、目っ気たら気軽に声かけてください

「いやだーーーー」、あっそう、まじめにカート押してるんですけどね。

 

冷蔵庫のレガシー料理9

たらこ(無くなるまで、乗っかる予定)

乗っけただけ、いくらは誰かが食べている

たらこは、ガキの頃今時期は毎日、薪ストーブの上でパチパチはねていた

生は食べれなかった、魚も生は無理だった、

親達がなんでも生で食べていたのを見て不思議だったが

今は何とか生でも食べれるようになったが

好きなネタはしめ鯖です、ピカピカでないと無理ですけど。

f:id:isigumakatasou:20170108074534j:plain

 

ジジくっさい帽子のっけたので、お詫びに

これ、張っつけます

曲はどれも好きです(歌詞は勿論わかりません)

画像はどれも熊好みで張り付けるのをためらうのですが、

唯一、熊コードに引っかから無かったのがこれです

 

P!NK

 熊ついに裁縫始めるでした。